エネルギーをまかなう家ZEH

エネルギーをまかなう家ZEH

ZEHとは

ZEHとは…
「快適な室内空間」と、
「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅です。

経済産業省は、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。

上記の目標の達成に向け、平成28年度より、ZEH支援事業(補助金制度)において自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を2020年までに50%以上とする目標を宣言・公表したハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等を「ZEHビルダー」として公募、登録し、屋号・目標値等の公表を行っています。

上垣工務店は2017年に「ZEHビルダー」として登録しています。

ZEHのイメージ



住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一時消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支がプラスマイナス「ゼロ」になる暮らしです。


省エネルギー
断熱性や気密性を高めて、効率的な照明や給湯設備等を使用することでエネルギー消費を抑えます。
電気を創る・貯める
太陽光発電システム等を導入することでエネルギーを創り出し、
蓄電池システムで蓄えて、お得な時間帯の電気を貯め日中に使用したり、
停電時には非常用電源としても使うことができます。
エネルギーを監視して賢く使う
HEMSはエネルギーの状況をリアルタイムに把握できるシステムです。住まいのエネルギーを管理します。


ZEH対応の新築・リフォーム

上垣工務店では、ZEH対応の住まいづくりをお手伝いします。


ZEHは断熱性能に優れた住宅です。
断熱性能が優れている住宅は、家中の温度差が小さくなり、結露やカビの発生を抑えると共に、
室温の差による体への負担が小さくなるため、健康で快適に過ごすことができます。


ZEH普及目標と実績

ZEH目標公表:ZEHの普及に向け2020年度までのZEH普及目標値を設定いたしましたので公表いたします。
上垣工務店は、下記の目標値を上回るようにZEH対応の住まいづくりに取り組んでまいります。



ZEH実施体制


ZEHのメリット

Point 01
環境にやさしい

住まいの消費エネルギーを削減し、太陽光発電などの自然エネルギーを利用することで、
温室効果ガスの排出を抑え、Co2削減や温暖化防止、環境破壊などの地球環境に貢献します。


Point 02
家計にやさしい

家庭でのエネルギー収支が+-0になるため、光熱費が大幅に削減されます。
ランニングコストダウンに大きく貢献します。


Point 03
快適空間
住まいの高断熱機能により、外気温の影響を受けにくくなるため、「夏涼しく、冬暖かい」快適な室内環境で過ごすことができます。
一般的な住宅では、冬場に廊下やバス・トイレで、血圧が急変するヒートショックの発生リスクが高くなると言われていますが、ZEHの家は住まい全体を一定の温度に保ちやすくなるため、リスクを低減できます。


Point 04
災害時に心強い

地震や台風などの災害が発生した場合、家庭用蓄電池を非常用電源として利用して最低限の電気をまかなうことができます。


Point 05
資産価値が高い

ZEHや長期優良住宅など、いわゆる住まいの「高性能住宅」の普及が進むにつれ、住宅の価値をはかる目安の一つに「住宅の性能」が挙げられるようになってきました。
万一将来、住宅を売却することになった場合、住宅の「価格」「築年数」「立地」などの条件と並んで「高性能住宅」の基準が判断材料になります。現在のところZEHの家は「住宅性能で最高ランクの評価」が与えられています。


デメリットは…?

唯一のデメリットと言える点は、初期コストが割高になることです。
これは、ランニングコストが大幅に削減できることで年数を重ねるごとにデメリットではなくなるのですが、
家を建てる場合のご予算との兼ね合いで、より良い選択のお手伝いができるよう、努めてまいります。


©2017 有限会社 上垣工務店